診療科・部署

脳神経外科

当科の概要

入院治療では、脳損傷後(脳卒中・脳外傷・脳腫瘍など)の後遺症(手足のまひや言語障害、飲み込み障害)に対する回復期リハビリテーション治療により、機能回復を図り、在宅生活に戻る支援を行っています。
また外来では、頭痛の診断・投薬治療、画像診断(CT・MRI)による脳内病変の検索を行い、必要に応じて高次機能病院(市立四日市病院や三重県立総合医療センターなど)への紹介や外来での定期的な画像検査のフォローを行っています。
予防医療として、隣のみたき健診クリニック(日本脳ドック学会認定施設)において脳ドックも担当しています。

主な診療内容

  • 片頭痛の診断・治療(予防的投薬も含む)
  • 脳(主に脳卒中・頭部外傷・脳腫瘍)に関連した症状に対し、画像診断とその後遺症に対してリハビリ
  • 脳ドック

特徴的な治療・検査

  • 脳損傷後(脳卒中・脳外傷・脳腫瘍など)の後遺症に対する通院リハビリ(理学・作業・言語療法)
  • 片側眼瞼(まぶた)痙攣・片側顔面けいれんに対するボトックス(ボツリヌス毒素)治療
  • 脳損傷後遺症による上肢・下肢の痙縮(麻痺により手・足が固くなって曲がったり突っ張ったままで生活に支障がある)に対するボトックス治療

医師紹介

外来担当医表

午前池田池田池田池田
午後
© 2020 Mitaki General Hospital All Rights Reserved.